So-net無料ブログ作成
検索選択

女子U-20W杯挑戦権に挑む 高倉麻子世代の魅力 [なでしこJAPAN]

次期なでしこ監督最有力の高倉麻子率いるU19代表がアジアに挑む
U17世界女王としてここは落とせない
高倉麻子のこのチームの特徴はとにかく判断の速さにある
ボールの受け手がどこに欲しいか手で示すシーンが多く
パスの出し手はただ人に出すのではなく
どちらの足に出すかで次へのメッセージを出すことで
周りを見て判断するという作業を他の選手が一部担当することで
流れるような連動した攻撃ができる
技術でも止める、運ぶ、蹴る、走るが分断されていない
トラップがドリブルのスタートになりパスを出しながら走る
流れるような技術と判断がこのチームの魅力である。
スマホをしながらテレビを見る
SNS友達と会話しながら横にいる友達と話す
今どきの若者のマルチタスクな能力をうまく引き出すチームから
未来の女子サッカーを感じることができるでしょう

AFC U-19女子選手権2015中国
http://www.jfa.jp/national_team/u19w_2015/afc_u19w_championship_2015/schedule_result/index.html#pankz
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

チャレンジなでしこのメンバー選考の狙い [なでしこJAPAN]

http://sports.yahoo.co.jp/sports/soccer/japan/2015/columndtl/201507210007-spnavi

僕が注目していた柴田、増矢、猶本が選ばれました。
意外だったのはレギュラーメンバーを外したこと
急造チームでの戦いとなります
意地悪な見方をすると新しい選手呼びました
ね、だめでした
今までのメンバーで行きます
と言いたいのかなと勘ぐってしまいます
この大会で見るべきは
急造チームの中で浮かび上がる個人能力
チームワークをすぐに作れるコミュ力と戦術理解度です。
W杯2位のチームと比べるのではなく
プラスを加えられる選手がいるかを見るべき。
個人的には相手の守っているゾーンの間から攻められるか
押し込まれた状態からどうやって押し返すか
W杯で出た課題に注目します。
今回選ばれたメンバーの多くは
http://jfa0513.blog.so-net.ne.jp/2015-07-06
の記事で紹介していますので
メンバーの特徴を頭に入れてから見るとさらに楽しめると思います。
また佐々木監督はU19世代にこのメンバーに入れる選手は2,3人いますと発言しましたが
おそらく長谷川唯、乗松瑠花 北川ひかる 杉田ひな 清水梨紗あたりです。
その選手についてもチェックしとくことをお勧めします
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

柴田華絵がなぜなでしこに選ばれなかったのか [なでしこJAPAN]

http://jfa0513.blog.so-net.ne.jp/2015-07-06#more
でロンドン五輪からカナダW杯までのなでしこの流れとこれから注目するべき選手をまとめたなかで
柴田華絵が選ばれてこなかったことが問題としては象徴的だと感じたのでまとめ
コンパクトにゾーンディフェンスで守る守備は時代のトレンドである。
ゾーンディフェンスを女子サッカーに4年前持ち込み世界一になったなでしこが
4年後ゾーンディフェンスに苦しめられたのがカナダ大会の印象である
トップ下と呼ばれるポジションに与えられるスペースは極端に狭くなった。
メッシ、ダビドシルバ、香川はその状況を打開できるニュータイプの選手である。
3人とも小柄で狭いゾーンの中でプレーすることに長けている


続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

将来のなでしこリスト2 長谷川唯(日テレベレーザ) [なでしこJAPAN]

長谷川唯(日テレベレーザ)1997年1月29日 生まれ
カナダ大会からでもフル代表に呼んで欲しかった18歳の小柄なトップ下。
ボールの受け方からターン、ドリブル、スルーパスまで技術も判断も一流で
プレー判断は流れるように早くアイデアにあふれている。
岩渕がメッシなら長谷川はイニエスタに近い
去年のU17W杯でシルバーボール(準MVP)を獲得し
すでに日テレベレーザで攻撃の中心となっているが
タイプは違うが宮間時代の後
なでしこの中心は長谷川となるだろう
U20W杯のあとは海外でプレーしていても不思議ではない
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

乗松瑠華 将来のなでしこリスト その1  [なでしこJAPAN]

乗松瑠華(浦和)1996年1月30日
18歳にしてアジアカップですでに代表入りを経験済み
JFAアカデミー育ち19歳のCB
去年のなでしこリーグ新人賞とベスト11に輝きリーグ最少失点で浦和の優勝の立役者となった。
U20世代のキャプテンであるビルドアップ能力 カバーリング能力に長ける
JFAアカデミーで育ったからか攻守にサッカーインテリジェンスの非常に高い選手
プレーの判断が早く、止める、蹴るの基本技術のレベルがとにかく高い
最近ではロングフィードで展開をがらりと変えるプレーも増えた。
日本代表は男女共通で攻撃の起点をボランチに依存する傾向にある。
ボランチのマークを厳しくされると攻撃の芽を摘まれてしまうという問題があり
攻撃の起点になれるCBの出現によりその問題は解決できる。
乗松瑠華にはその才能がある。
対人守備能力に課題はあるがU20で自信をつけると
一気になでしこジャパンのDFリーダーになるだけのポテンシャルがある。
若手CBではNO1だろう
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこJAPANの今後について アメリカとの決勝惨敗を受けて [なでしこJAPAN]

アメリカはセットプレーよく研究してましたね
コイントスに負けて
日差しの強さとパニックからミス連発
正気を取り戻した時には4点差でした。
してやられた。
これだけの経験値のあるメンバーでもこうなるのがW杯の恐ろしさ
実力や戦術云々ではないゲームでしたね。
では今後について

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ