So-net無料ブログ作成

宇津木瑠美という怪物  [なでしこJAPAN]

2001年U-18代表キャンプのメンバー表には
福元美穂18歳 大野忍17歳 宮間あや16歳 近賀ゆかり17歳ら現在のなでしこジャパンの主力が名を連ねているが
一人ありえない選手が入っている。
宇津木瑠美である。
なんと当時12歳!
4年後には16歳でなでしこJAPANデビューを果たしている。
技術的にトップレベルにありながらレフティー
168cmと体格に恵まれ海外選手に当たり負けしない
左利き大型ボランチは日本の女子サッカーの将来を託された存在だったのだ。
しかし、澤、阪口がボランチにコンバートされ
それから9年後の現在25歳ながら宇津木はレギュラー定着を果たせていない
早熟だったわけでも努力を怠ったわけではない。
しかし、トラブルはあった。
日テレベレーザに所属していた宇津木が海外移籍を希望し、監督星川敬は日本の女子サッカーの未来を考えて移籍を後押し
それに対しベレーザのフロントは激怒し監督を解雇
結局、星川監督はINAC神戸に拾われ
フロントに不信感を持ったベレーザ育ちの澤 近賀 大野らがINACへ移籍したことで
INAC神戸黄金期が始まったのだ。
なでしこリーグの天下を動かすだけの力を宇津木瑠美は持っていたということになる。
移籍先のフランスリーグ・モンペリエでもポジションを掴み
13-14年シーズンフランスリーグ年間ベストプレーヤー(最優秀選手)の投票で2位に輝いた
まだなでしこには「咲いていない花」があることは希望であり、問題でもある。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ