So-net無料ブログ作成

徐々に底上げが進むなでしこ vsカナダ3-2 [なでしこJAPAN]

中3日で再びカナダ代表とのゲーム
熊谷、阪口以外は入れ替えてきたなでしこは
試合を通じてなかなかペースをつかめなかった
ハイプレッシャーをかけに来たカナダに対し
高瀬、菅澤の2トップがボールを引き出せず
DFラインを押し上げる前にボールを失い
ショートカウンターを喰らう悪循環のなか
唯一右SHに入った岩渕が中に顔を出し起点となっていた。
高瀬を右、岩渕を中央に変更したことで
岩渕にボールが集まるようになった。
CKから永里がミドルを決めるも
前半はカナダペースのまま終了
後半、岩渕、菅澤が怪我で大野、大儀見に交代
二人とも疲れからか体が重く
リズムは相手ペースのままクリアミスから2失点してしまうが
大儀見のスーパーゴールと
左SHで途中出場した鮫島が相手のミスから持ち込み
劇的ロスタイム弾で2連勝とした


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこはポゼッションサッカーなんか目指していないvsカナダ3-0 [なでしこJAPAN]

アジアにはゴール前を固めて
少ない人数で攻めきるスタイルのチームとの対戦が多かった
ボールを持たされポゼッションが否応なしに上がっていた
カナダはDFからつないでサイドまで運びSBのオーバーラップも使い
サイドからのクロスでエースのシンクレアが決めるという形が得意で
ひやりとしたシーンも作られた
しかしDFラインの押し上げ、プレッシングでなでしこが上回り
ほとんどのセカンドボールを拾えていた。
大儀見という前線のターゲットを得て
すぐに前にボールを運ぶ
ハイプレス、コンパクト、切り替え、カウンターがなでしこの形だと再認識できた
アメリカやドイツに運動量と組織力で上回ろうとしたらこの形しかないとすら感じた
とはいえカナダは相性が良かった。
若手も試しているのでロンドン五輪銅メダルのチームの強さは見られなかった。





続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ブラジル戦4-0 何も収穫がなかったという収穫 [アギーレJAPAN]

ブラジルに対して
代表歴の浅い選手が
まともな組織も与えられず
丸腰で戦う
こんな光景はめったに見れない
個人の力の不足とメンタルの弱さ
日本人の弱点と薄々は感じていた部分が
これでもかと露呈された
この試合に出た選手がこれから伸びるかはわからないが
この試合を見た選手やメディア、指導者、審判、子どもたちが
日本サッカーが抱える問題点と向き合うことができたという意味では
すごく意味があった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

澤穂希を外した指揮官 カナダ遠征メンバー [なでしこJAPAN]

久々に海外組を呼べるW杯開催国カナダとの2試合は
ベストメンバーを組める限られた機会であり
人工芝を含めて本番の環境を体験できるということで
メンバーもW杯を見据えて本番モードでいくというゲームに
澤穂希の名前がなかった。
気になるのは安藤と永里亜紗乃のポジションがMF登録となっていること
この二人はどちらかというと本職がFWなので
サイドハーフとして試したいのだろう
逆に言うとサイドハーフが足りないと指揮官は考えている
今まで宮間、川澄で盤石だったはずのポジションに問題が起きている


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

天才 宮間あやをどう使えばいいのか  [なでしこJAPAN]

準優勝に終わったアジア大会に出発する前
佐々木監督は宮間と川澄が生きる形を出していきたいとの趣旨のコメントを残している
これまでロンドン五輪では宮間が右SH、川澄が左SH
アジアカップでは宮間が左、トップ下かボランチに入ったり川澄が右、左 トップ下で使われていた
確かにこの二人の活かし方が代表では確立されていない
今大会では川澄は主に右サイド
宮間はボランチに固定して望んでいた。
ともに所属クラブでのポジションだった。
しかしながらあまり機能したとはいえないだろう
若手選手との連携不足や力不足もあったが
来年6月のW杯を考えるとこの二人の活かし方がまだ見つかっていないことのほうが大問題である。

続きを読む


nice!(0)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

アギーレである必要性を感じない ジャマイカ戦1-0 [アギーレJAPAN]

ザック初戦のアルゼンチン戦
コンパクトなゾーンプレスからのカウンターは
ただ追い回すだけだった岡田守備との
レベルの違いを見せつけた
カテナチオの国から本物の監督がやってきたと感じた
その後Jリーグの守備はザックから多くを学んだ
遠藤、香川、本田が絡む攻撃は日本人にパスをつないで相手を崩す面白さを伝えた。
しかし3試合たってもアギーレが日本代表を率いる意味
新しくもたらすものが見えてこない
ザック時代は最終的には攻守に頭を使おうとして戦えないチームとなってしまった。
戦えるチームにしたいというのがアギーレ招聘の理由だと思うが
そこはフレンドリーマッチでは評価するのは難しい
しかし、相手がブラジルとなると話が違う
カナリア色の負けず嫌い集団を本気にさせることが出来るか
気後れしたりしないか
戦術的にも精神的にも「戦える」代表が見たい
それがアギーレに対する評価軸である。








nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

アギーレの八百長騒動より厄介なのは見識がなく悪意はあるメディア [アギーレJAPAN]

フットボールチャンネルを読む
スペイン『エル・ムンド』紙よると、サラゴサの八百長に関与している10人は選手9人と監督1人。
要するに、当時サラゴサの監督だった現日本代表監督ハビエル・アギーレ氏である。
アギーレ監督は選手同様9万ユーロ(約1230万円)をサラゴサ会長から受け取った。
とされている
しかし問題となった試合で勝ったのはアギーレのチーム(サラゴサ)である。
お金を渡すから負けてくれというのが八百長であり
勝ったチームはお金を渡す側、負けたチームは受け取る側なのは少し考えればわかる
アギーレが自分クラブの会長から勝利ボーナスを受け取る事自体は自然なことである。
それだけでは八百長など成立するはずがない
この試合でサラゴサは1部残留を決めたので金額としても妥当である
他の記事とも照らしあわせてみるとなんとなく概要がつかめてきた
問題は相手チームのレバンテ側の選手の一部が
お金を何者かから受け取っていたことがほぼ確定している事である
そしてサラゴサ会長が1億円以上のお金を試合前に引き出しており
アギーレを含む11人にその金額の半分ほどをボーナスとして渡し
のこり半分はどこに消えたか不明ということみたいです
アギーレとこの問題に関してはこの試合が八百長だったとして
3つのケースが考えられます

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

鹿島アントラーズにみる世代交代の秘訣 [Jリーグ]

アギーレjapanもなでしこジャパンも世代交代の難しさに頭を悩ませているが
Jリーグにおいて世代交代を見事に成功させているチームがある。
鹿島アントラーズだ。
昌子源と西大伍、柴崎岳がA代表に入り
植田直通、土居聖真、カイオと順調にタレントが育っている。
鹿島アントラーズの強化部長である
鈴木満はJリーグ誕生前には鹿島の監督を努め、
Jリーグ誕生にあわせてフロント入りしてから
現在も強化部長である。
今年、日本代表の技術委員長のオファーがあったが断った。
それだけ鹿島アントラーズの強化部長という仕事にこだわりがあるのだ。
フロントの姿勢は一貫しているが世代交代はうまくいく
鹿島アントラーズの流儀から学ぶことは多いのではないだろうか

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

8年前との比較 アジア大会決勝 なでしこ1 北朝鮮3 [なでしこJAPAN]

8年前2大会前のアジア大会も決勝は北朝鮮だった。
当時の大黒柱は澤28歳で
期待の若手だった宮間21歳、岩清水20歳、阪口19歳が今大会の中心選手となっている。
今回呼ばれなかった海外組の大野23歳 大儀見19歳もメンバー入りしていた。
比較すると今回よりも若いメンバー構成となっている。
海外組は当時いなかった。
8年間で女子サッカーを取り巻く環境は劇的に変化したと言えるし
この時に我慢して若手を使ってきたからこそ今があるといえるだろう

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

北原佳奈 長船 加奈 選ばれるのはどっちかな [なでしこJAPAN]

アジア大会 決勝まで無失点と安定しているなでしこ守備陣
岩清水が体調不良で出遅れる中
北原佳奈 長船加奈のコンビが良いプレーを見せている
北原は173cmの長身とたまに持ち上がっていい縦パスを供給している
長船は足の速さがあり裏のスペースを任せても安心感がある。
北朝鮮はスピードのあるドリブラーの10番が厄介なので
長船のほうが相性は良さそうだが
これまで安定したプレーをしているのは北原だと思う
二人とも岩清水と熊谷紗希のちょうど間の世代で
バックアッパーとして計算できる3人目の座を争う形になっているが
明日の先発で現時点での序列は見えてきそうだ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ