So-net無料ブログ作成
検索選択

ハリルホジッチが間違えたことは何か [ハリルjapan]

シンガポールとの0-0は意外でしたが
ハリルホジッチの打ち出した戦術的な方向性は間違いとは言えない
しかしその狙いが選手に伝わっていたかは疑問で
選手の緊張の仕方からもマネジメントの失敗はあきらかだった。
内により過ぎたという批判は少し違うが

内がきついなら外を使えばいいのですが
問題は選手にその判断ができなかったこと
監督が判断を奪うような意識の植えつけ方をしていたなら問題です。
これをしろと指示すると
それ以外のことをすることは命令違反になると考えて
自粛する傾向が強い国民性、俊敏で運動量があるアジア相手にひかれる厄介さ
ここに問題意識を持たざるを得なくなったことは幸運でしょう
あと670本のパス成功を自慢げに言っていたがそれは普通のことです。
ブーイングを浴びせたのもいい薬になったでしょう

もっとも幸運なこと

しばらくw杯予選はなく国内組限定の東アジア選手権を挟みます
ハリルホジッチの問題はJリーグの評価が正当にできていないこと
最初は悪いところに目が行く
指摘された国内サッカーファンは溜飲が下がる
監督は有頂天。
国内組を見下すようなバイアスがかかる環境ができてしまっていた
この状態がずっと続くなら危なかったが
海外組中心でシンガポールに足元をすくわれて本当に良かった
東アジア選手権に誰を呼ぶのか眼力が問われる。
ここで遠藤保仁を呼ぶならこの代表に未来はない



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0